SDGs

「サステナビリティ島旅プラン」。ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのラグジュアリー・ステイ

Written by Machida Akemi

西表島秘境体験エコツアーや石垣の塩を使ったバスソルト作りなど、石垣島の豊かな自然と文化・ヒトとの交流を通して楽しめるサステナブルな旅を体験したい!

SDGsやサステナビリティに関するニュースをよく目にするようになりました。あらゆる企業で環境問題などの解決に向け、さまざまな取り組みが行われていますが、個人レベルでもサステナブルな考え方は浸透しつつあります。ジュエリーを選ぶ時も環境や人権に配慮されたブランドを選ぶ人が多くなり、人々の意識が急速に変化しているのを感じます。

旅行業界でもサステナブルな動きが加速しています。もし今度旅行をするなら、地球に負担をかけずに旅をしたいと考える人が増えているようです。そこで注目されているのが、旅行先の地域文化と環境の保全を第一に考えた、サステナブルな旅のプランです。

エメラルドグリーンの美しい海と言えば、石垣島。「持続可能な観光」の推進を目指し、石垣島の豊かな自然環境や文化・ヒトとの交流を通して、ANAインターコンチネンタルでは「石垣の自然と文化を後世に繋ぐ サステナビリティ島旅プラン」を展開しています。

ラグジュアリーなビーチリゾートホテル、ANAインターコンチネンタル石垣リゾートが提案するサステナブルなプランの内容は、心躍るようなものばかり。八重山諸島の多様な生態系について学ぶネイチャーツアーや、島の資源を守りながら後世に受け継ぐ地場産業体験、ラムサール条約の国際自然保護区に指定されている名蔵湾の海水から作られた石垣島伝統の塩を使った体験など、先代より八重山の島々に受け継がれた自然や文化に触れることができ、楽しみながらサステナビリティを学ぶことができます。

ANAグループはCO2排出量削減に積極的に取り組んでいます。航空機では、CO2排出量の少ない新しい燃料SAFを使用したり、飲み物を冷やすため国内線機内カートに積んでいたドライアイスをやめ、繰り返し使用可能な保冷剤に変えたり、また国際線エコノミークラスの機内食の容器をプラスチックからサトウキビの茎や葉である植物素材に切り替えました。ANAグループは、2050年までに資源類の廃棄率ゼロを目指しています。

自然と人々が共生してきた魅力に溢れる石垣島。その美しい海や木々の緑、夜空に輝く満点の星、ブーゲンビリアやハイビスカスなど南国の美しい花々が身も心も癒してくれます。石垣島をはじめとする八重山諸島の自然や文化は、後世へ残すべき貴重な財産です。石垣島や離島の自然に触れながら、ヒトとの交流を通じて文化を学ぶサステナブルな旅で、思い出に残る素敵なひとときを過ごしませんか?

南の島の星空ツアー
ビーチクリーン
石垣の塩を使ったバスソルト作り
SALTIDA 南国フルーツプレート

例えば、【ちむどんどん】2泊3日の宿泊プラン(2名1室¥106,000〜)を申し込むと、畑人(はるさー)体験/月桃ハーブティー作り、またはエッセンシャルオイル作り(追加料金別途)、ガイドによる南の島の星空ツアー、泡盛晩酌セットといったサービスが付いています。*「ちむどんどん」は、沖縄の方言で「胸がわくわくする気持ち」を表します。詳しくは、公式ホームページでご確認ください。
「石垣の自然と文化を後世に繋ぐ サステナビリティ島旅プラン」
予約受付期間: 2021年12月21日~2022年4月21日
利用期間: 2022年1月4日~4月28日
詳細: ANAインターコンチネンタル石垣リゾート
公式HP http://www.anaintercontinental-ishigaki.jp/ja/

トップ画像:西表島秘境体験ECOツアー

淡水パールネックレス ¥14,300(税込)

ポルトガル生まれのSDGsを考慮したジュエリーです。リサイクルのシルバーにゴールドを施しています。ナチュラルな雰囲気があって、リゾートにオススメ。

ヴィンテージのコスチュームジュエリーはSDGsと捉えられます。50年以上、きれいな状態を維持し着用できるのですから。ミリアム・ハスケルは1930〜70年代にアメリカで人気を博し、日本では近年、セレクトショップでも扱っています。ブランド名を他の会社が買い取り続いていますが、数少ないヴィンテージに人気が集中しています。




関連記事一覧

Translate »
error: Content is protected !!