FEATURE

ブランドジュエリーオリジナルの特集記事です。

日本人だけが知らないこと。それは高知県産のサンゴが世界一美しいこと。日本とイタリアのコラボで生まれたクィーンコーラル(QUEEN CORAL)の軽快なサンゴジュエリー

Written by MACHIDA Akemi

「サンゴを、土産物からジュエリーにしたい」という強い想い。イタリアの最先端のデザインを吸収して、日本の女性に似合うサンゴジュエリーを制作。


欧米のハイジュエリーに使われているサンゴは高知県産のものが多い。深みのある赤色の血赤珊瑚や淡いピンク系のエンゼルスキンなど、高知県の土佐沖で採取されるサンゴは最高ランクと評価されている。

サンゴには大きく分けて、2つ種類があること、知っていますか? 1つは宝石珊瑚。海が育む神秘の宝石として、宝石珊瑚は真珠と並んで古くから人々に愛されてきました。水深100m~300m、あるいは1000m前後で成長し、なかなか採取できません。対して、ハワイなどのお土産で人気があるサンゴは、浅瀬の海岸で見られる造礁珊瑚です。この2つは全くの別物で、ジュエリーになるのは、宝石珊瑚です。なかでも高知県の海で採れるサンゴは世界一美しいと言われています。

宝石珊瑚は太陽の届かない深い海の底で、直径1cmの成長に数十年かかります。高知県のサンゴは世界的に有名で、明治時代にすでにイタリアから買い付けにきていたという記録があります。そんな宝石珊瑚の拠点に本社を構えるのがクィーンコーラル。宝石として使われる珊瑚の中でも厳選したものだけを使用しています。

オンラインストアで販売中。血赤サンゴネックレス¥242,000

大人の女性に似合う赤、血赤珊瑚のネックレス。(Queen Coral)

かつて日本ではサンゴが多く採れたため、大正・昭和時代にはサンゴをあしらった帯留や櫛が人気でした。しかし、ファッションが欧米スタイルになっても当時のデザインから変化することなく、1粒の珠を添えた立派なリングやオーソドックスなネックレス、または数珠ばかりで、若い女性が積極的につけたいと思うデザインが少なく、日本の女性はサンゴから離れていきました。この流れを変えたいと起業したのが久保富子さんです。子育てに追われる普通の主婦でしたが、「土産物のサンゴをジュエリーにしたい。宝石箱に入れてもらえるサンゴジュエリーを作りたい」という強い想いからクィーンコーラルを立ち上げました。

オンラインストアで販売中。白サンゴとゴールドパーツのピアス¥198,000

白サンゴとイタリア製ゴールドワークのピアス。(Queen Coral)

久保さんは自分が納得のいかない商品は売らないといいます。イタリアのジュエリーショーに出かけて、そこで最先端のデザインを見て回り、パーツを仕入れ、日本の女性に合うサンゴジュエリーをデザインします。研磨職人やクラフトマンに細かいところまで指示し、納得のいくまで粘って完成させます。

ヨーロッパでは地中海珊瑚がよく知られますが、ハイジュエリーを制作する場合は高知珊瑚が選ばれます。特に血赤珊瑚と呼ばれる深みのある赤色の珊瑚は、高知県の土佐沖で採取されるものが最高ランクと認められています。

オンラインストアで販売中。マカロンシェイプの白サンゴがポイントのネックレス¥242,000

白サンゴとイタリア製ゴールドワークのネックレス(Queen Coral)

Brand Jewelry Online Storeでは、クィーンコーラルの血赤珊瑚をイタリア製ゴールドパーツと組み合わせたネックレスやマカロンシェイプの桃珊瑚ネックレスなど、今のファッションにすぐ合わせられるサンゴジュエリーを販売しています。赤は、エネルギッシュで元気が湧いてくる色。ピンクや白は、優しい雰囲気で清楚な印象を引き出してくれます。深海で長い年月をかけて育まれるサンゴは、厳密に言うと1つとして同じものがありません。サンゴは女性のお守りとも言われています。次のジュエリーには、サンゴジュエリーを選択肢に入れてみませんか。

オンラインストアで販売中。白サンゴとゴールドのボールが揺れるネックレス¥242,000

 class=
白サンゴとゴールドのボールが軽快なイメージのネックレス(Queen Coral)

*トップ画像に掲載のサンゴのジュエリーは、Brand Jewelry では取り扱っておりません。商品については「お問い合わせ」よりご連絡ください。


関連記事一覧