FEATURE

ブランドジュエリーオリジナルの特集記事です。

ニナ リッチ 2021春夏の新作は、遊び心溢れたゴールドのコレクション

Written by MICHIDA Akemi

ニナ リッチ ジュエリーは、パリのアトリエで生まれるファッションのインスピレーションを基礎に年2回発表されます。マダム ニナ・リッチから現在のクリエイティブ・ディレクター、ルシェミ・ボッターとリジー・ヘブラーまで、一貫してスタイルが変わらないところが、90年近くニナ リッチが愛されている理由。ニナ リッチのファッションに共通する上質な素材、洗練された温かみのあるデザインが、身につける人の魅力を内側から輝かせます。

オレンジムーンストーンとローズクオーツの優しい色合いのジュエリーや、クロコダイル柄のユニークなデザインは、人を元気にしたり笑顔にしてくれる。

ニナ リッチの2021春夏の新作は、ポジティブになれそうなユニークなゴールドのコレクションです。テーマは、たくさんの驚きが詰まった泡という意味の「BUBBLE OF WONDER/バブル オブ ワンダー」。子供の頃の楽しい空間や空想の世界からインスピレーションを受けた、遊び心溢れたノスタルジーを表現しています。

 class=
大粒のオレンジムーンストーンに、淡いピンク色のローズクオーツの組み合わせがフェミニン。「RÊVERIE ESPIÈGLE(レヴリ エスピエグル)いたずらっこの夢想」K18YG・オレンジムーンストーン・ローズクオーツ。リング¥193,600 ネックレス¥266,200 (NINA RICCI)

カボションカットのオレンジムーンストーンに、淡いピンク色のローズクオーツを合わせたジュエリーは、一目見ただけでその愛らしさに引き寄せられます。この春に流行りそうなペールトーンのピンクの洋服にも相性抜群です。

 class=
波打つように雨が激しく降ってくる情景を、ゴールドのうねりとダイヤモンドで表現。「PLUIES ONDOYANTES(プリュイ オンドエアント)うねるような雨」K18YG・ダイヤモンド。リング¥536,800 ネックレス¥347,600 ピアス¥334,400 (NINA RICCI)

19世紀末から始まったオートクチュール時代に、パリで続々とデザイナーが登場しましたが、間違いなくマダム ニナ・リッチもオートクチュールビジネスを発展させたデザイナーのひとりです。お針子としてキャリアをスタートさせたマダム ニナ・リッチは、1932年に息子の力を借りてパリにショップをオープン。デザイン画を描かずに布地を顧客の体に直接当ててカットする技法は、話題となりました。

女性が一番美しく見えるドレープやプリーツの寄せ方にこだわったマダム ニナ・リッチですが、新作のジュエリーのデザインや作りを見ると、当時から継承されてきたエレガンスの精神が今も息づいているのがわかります。

現在クリエイティブ・ディレクターにルシェミー・ボッターとリジー・ヘレブラーの男女2人が就任し、ニナ リッチは新しく生まれ変わりました。彼らがシーズンごとに発表するプレタポルテコレクションには、これまでのニナ リッチの女性らしい丸みを帯びたデザインや、シンプルなフェミニティを踏襲しつつ、自分らしく前向きに生きる強い女性像を打ち出しています。そんなプレタポルテのインスピレーションをもとに作られているのがニナ リッチのジュエリーです。

 class=
ルシェミー・ボッターとリジー・ヘレブラー

不要不急の外出を控え、ドレスアップして出かける機会も減りましたが、毎日のおしゃれに気を使うと気分がパッと明るくなります。ジュエリーにはコンセプトだけでなくデザイナーの思いも込められていますが、身につけるとポジティブになれる今回のコレクションには、新型コロナウイルスのパンデミックに打ち勝とうとする強い意思が込められているようにも感じます。女性らしさに加え遊び心溢れるリングやネックレスはカジュアルな洋服にもぴったりで、前向きになれるパワーを与えてくれます。

TOP画像:クロコダイルの四角形の鱗の模様をモチーフにしたメタリックレースのジュエリーはユニークな印象。「ROMANTISME GRAPHIQUE(ロマンティスム グラフィック)グラフィックなロマン主義」K18YG・ダイヤモンド。リング¥313,500  K18YG。ネックレス¥193,600 ピアス¥191,400(NINA RICCI) 

*価格はすべて税込。
お問い合わせ:エスジェイ ジュエリー株式会社
TEL 03-3847-9903
https://www.sjj.co.jp/ninaricci/


関連記事一覧

Translate »
error: Content is protected !!