FEATURE

ブランドジュエリーオリジナルの特集記事です。

MISIS(ミシス)イタリアのミラノ・モードとリンクし、気分が上がるアクセサリー

Written by WATANABE Ikuko

イタリア最大のジュエリーフェアで出会った、モードとナチュラル感をミックスしたアクセサリー


Brand Jewelry では雑誌創刊時より、今年で20年になりますが、ヴェネツィアから特急列車(Trenitalia)で約45分のヴィチェンツァで年2回開催されるイタリア最大のジュエリーショーVICENZAORO(ヴィチェンツァオロ)の現地取材を行っています。ヴィチェンツァは商業都市なので、外国人が休暇で訪れることは少ない街ですが、ルネサンス期の代表的な建築物が残る落ち着いた美しい街並みがあり、十分に楽しめる隠れた名所です。残念ながら、昨年2020年は新型コロナウイルスの影響で行くことができませんでした。しかし幸運なことに、ヴィチェンツァオロ主催のオンラインイベントVOICEに参加することができました。

ヴィチェンツァオロは、イタリアのみならず世界のジュエリープロフェショナルとコミュニケーションが取れるグローバルなイベントです。以前は母国語のイタリア語が主体でしたが、近年取材も取引も英語が一般的になりました。また2015年頃より中国系の人が増え、Design by Italy, Made in Chinaらしきものが増えてきたことに時代の移り変わりが見えます。

イタリアはデザインの国。イタリアでは他国では真似できない、アイキャッチで意外性のあるデザインを目にします。デザインというのは好き嫌いがありますが、それでも大多数が認めるきれいなバランス感覚や色彩感覚が街並みにあふれています。(フランス人のおしゃれとは少し違う、と私は思っています)。といっても、ヴィチェンツァオロの展示で一番目につくのはやはりオーソドックスなゴールドジュエリーです。そんな中で、いつも目を楽しませてくれているのが、MISIS(ミシス)です。

ミシスの新作。MISIS

MISISはヴィチェンツァのアクセサリーメーカーです。創業者の2代目が引き継いで、イタリアのファインジュエリーの技術を駆使し、シルバー925、18金ゴールドプレテッドの地金、半貴石、パールなど天然素材を用いて制作しています。ネイチャーをコンセプトに水、大地、空気、火というキーワードで、デザインをイメージしています。ミラノから発信されるモードともリンクし、シーズンごとに新作を発表。大胆なデザインやカラーを眺めていると、おしゃれして楽しみたい、そんな気分にさせてくれます。もちろんMade in Italyです。

 class=
ギフトにおすすめの可愛いボックスでお届け。MISIS

Brand Jewelry では、MISISコレクションの一部を販売しています。
MISISのショッピングサイトはこちらから入れます。

トップ画像:コーラルネックレスのショッピングサイトはこちらから。


関連記事一覧