BJI ブログ

ジュエリーと、ジュエリーにまつわるさまざまなエピソード

No.136 宝石柄のハンカチ。暑い夏、気分が上がる贈り物にいかが?

外出するとき、女性ならバッグの中の必需品であるハンカチ。その日の気分やファッションに合わせて、デザインを選ぶのも楽しいですよね。かつては糊がパリッときいたコットンやリネンのハンカチが主流でしたが、今は吸水性がよく肌触りも優しいガーゼやタオル素材で、デザインが素敵なものも増えてきました。中でもタオル系はちょっと厚手ですが、洗濯をしてもしわにならないし、アイロンをかける手間もないので、百貨店のハンカチコーナーでもかなり広いスペースが取られています。梅雨明けとともに30℃を超える夏、お友達へのちょっとしたプレゼントも、素敵なタオルハンカチなら喜ばれそう。

ジュエリー好きのお相手に、宝石の図柄の入ったおしゃれなハンカチがないかなぁ~なんて探してみたら、ありました!ドイツのフェイラーというブランドです。

素材は、シュニール織といって18世紀末にスコットランドで誕生。それがチェコからドイツへ伝わり、以後世界に広まった両面パイルの織物。フェイラーは、そのシェニールをさらに独自のスタイルへと昇華、今やシェニールと言えば「フェイラー」と言っても過言ではないでしょう。

黒地に華やかな花のブーケが描かれたデザインが有名で、年齢層が高いブランドかな?というイメージを持つ人が多いのですが、最近ではキティちゃんやミッフィー、ムーミンなどキャラクターものも手掛け、20~30代からも支持されています。そして、ジュエリー柄としては、このようなデザインを展開中。

1.CADEAU MER (カドゥメール-フランス語で、海からの贈り物)
海が育んだパールを曲線的に表現。シックなグレー地をバックにゴールドに淡いピンク色のパールをセッティングしたネックレスを思わせる柄。上品な大人のパールをイメージさせます。

2.CADEAU SOL(カドゥソル-フランス語で、大地からの贈り物)
大地が育んだダイヤモンドをシャープに表現。ピンク色を主体に淡いブラウン、サーモンピンクを取り入れたダイヤモンドのフォルムは、まるで大輪のバラ。持っているだけで幸せを感じさせてくれそうです。

3.CADEAU POUR TOI(カドゥプール トワ-フランス語であなたへの贈り物)
お気に入りのジュエリーショップにある、美しく並べられた色とりどりのリングボックスをイメージ。どのリングを選ぼうかなとワクワクする気持ちにさせてくれます。

4.CADEAU POUR MOI (カドゥプール モワ-フランス語で私への贈り物)
優しいアイボリー系の地色に、色とりどりのジュエリーがキラキラと輝く様子が生き生きと描かれています。まるで万華鏡の中を見ているような、大胆な構図も魅力。

5. SOMETHING BLUE(サムシングブルー)
ヨーロッパで古くから伝えられてきた「結婚式で花嫁が何か青いもの(サムシングブルー)を身に着ける」と幸せになれるというおまじないからインスパイア。パステルブルーの地色にダイヤモンドのリングやティアラ、パールの連が、華やかに舞っている姿は一度見たら忘れられない!

5種類もそろっているから、複数のお友達に贈るなら、それぞれのイメージに合わせて選ぶのも楽しそう。もちろん、自分用の購入もお忘れなく!


K18ピンクゴールドのイタリアンチェーンに桃サンゴをあしらったネックレス。シンプルで上質なコーラルジュエリー。¥242,000 オンラインショップはこちら。

メンバーの方には一足先にお得情報をお知らせします。会員登録はこちらから
https://brandjewelry.shop/usces-member/?usces_page=newmember


関連記事一覧

Translate »
error: Content is protected !!