FEATURE

ブランドジュエリーオリジナルの特集記事です。

Lydia Courteille

ハイジュエリーとは。店頭に並ばない、この上なく贅沢なジュエリー

Written by Kina Andersson

直営店にも滅多に展示されることがなく、世界のVIPとジャーナリストだけに公開される1点もののハイジュエリー。革新的な技術、希少な素材、想像を超えるアイデアは、新時代のジュエリーの扉を開く。


 class=
Cartier
 class=
Boucheron

ハイジュエリーというものは価格では言えば数百万円レベルのものではなく、数千万、数億円と桁外れのジュエリーを指すが、その価格を決定するのは希少な宝石を使っているだけでなく、ジュエリーメゾンの独創性、宝飾技術、素材を集める力などが関係している。こうした商品は同じものをいくつも量産できるわけでなく、唯一無二の1点ものである。水晶でさえ、その突出したデザインや技術、加工によって高額になるケースもあるが、それは技術開発のために要した工程と時間が加わっていると想像できる。最近のハイジュエリーは特殊な素材や複雑な技術が用いられ、簡単に真似できるものではない。安価な商品ならば、購入して、パーツを分解したりすればわかるかもしれないが、研究のために数千万円の投資をする宝石業者はまずない。どうやって作ったのかわからないところが、ハイジュエリーの面白さの一つで、美術品のように目を楽しませてくれる。ハイジュエリーの世界を牽引するのは、パリ・ヴァンドーム広場に本店を構えるメゾンだ。1月と7月のパリのオートクチュール・コレクションの開催の時期に合わせて、各メゾンで新作発表が行われるが、2020年も今年もデジタルでの発表で、実物を目にすることができない。今回は、普段パリで取材しているスウェーデン在住のジャーナリスト、キーナ・アンデルセンが、デジタルで発表されたハイジュエリーの中から彼女が気に入ったものを厳選してレポートしてくれた。

コロナ禍でもハイジュエリーの勢いは止まらない

例年、7月のパリは老舗メゾンの新作のハイジュエリーで普段以上に輝きを増すが、2020年の夏はデジタル・プレゼンテーションで終わった。都市封鎖の影響は強く、完成できず発表できない作品も多かったと聞く。シャネルは延期し、2021年1月に発表している。しかし、どんな状況でも、ハイジュエリーメゾンは全力を注いで新作を作る。私のおすすめのジュエリーを紹介しよう。

カルティエ(Cartier)の”Surreal Nature ”(シュル ナチュレル)コレクションは、自然を抽象的に表現している。誰の目にもカルティエのDNAは一目瞭然だが、使い方は比喩的だ。”Hemis” ネックレスでは、カルティエのシグネチャーであるパンテールが組み込まれているが、はっきりとはわからない。だがよく見れば、不揃いのブラックオパールがパンテールを象徴しているのに気づくだろう。ネックレスの中央に収められたクッションカットの紫色を帯びたクンツァイトが堂々と異彩を放っている。

ブシュロン(Boucheron)のロッククリスタルは私の心を支配してしまった。彼らのロッククリスタルへの愛は、マジックとも言えるテクノロジーの開発に至った。”Contemplation”のクリエイティブディレクター、クレール・ショワンヌは既成の枠を超えて珍しい素材を積極的に採用する。彼女が選んだ素材の1つ、エアロゲルは、99.8%空気、0.2%酸化シリコンで構成された、地球上で最も軽量の物質と言われている。その素材を“Goutte de Ciel”(グット ドゥ シエル ネックレス) に使った。

ブルガリ(Bulgari)は、柔らかなカボションカットのカラーストーンが織りなす温かみのある表現力がいつも素晴らしいが、「バロッコ」ハイジュエリーコレクションではさらに豊さを増している。クリエイティブ ・ディレクター、ルチア・シルヴェストリは「インスピレーションの源は、ローマのバロック建築から」と言う。(ローマというのは当然)“Lady Rubellite Necklace”ではバロックジュエリーでは不可欠なパールにアメシストやルベライトの明るさを加え、そして中央にセットされた60.79 カラットのジャイプールから入手したルベライトが崇高の輝きを放っている。

 class=
Bulgari

フランスの新進ジュエリーブランド、メシカ(Messica)はダイヤモンドで独自性を打ち出す。創業者ヴァレリア・メシカが作り出すミニマリズム的なダイヤモンドジュエリーは世界中のファッショニスタを魅了している。父が業界では名の知れたダイヤモンド業者であり、ダイヤモンドの供給源には困らない。彼女はボリュームと軽量感を同時に実践してみる。 “Voltige”リングでは7.7カラットのエメラルドカットダイヤモンドと、7.6カラットのペアシェイプダイヤモンドが、肌の上で浮かんでいるように見える。

 class=
Messika

ショーメ(Chaumet)は1780年の創業以来、建築からインスピレーションを得ている。ハイジュエリー“Prespectives ”コレクションのジュエリーとティアラにもその一端が見える。”Skyline” リングは7.34 カラットのアッシャーカット、D、フローレス、タイプIIa(完璧なダイヤ!)をセットし、ブルータリズムの建築を想像させる。他のメゾンの追随を許さないティアラでは、頭上で浮かで見えるようにインビジブルなセッティング技術を用いている。

 class=
Chaumet

ディオール(Dior)の“Dior & Moi” コレクションは、テーマはクラシックな「トワ エ モワ(あなたと私)」。だが、クリエイティブ・ディレクター、ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌが実践する珍しいカラーコンビネーションが目を奪う。

 class=
Dior

近年注目されるパリのジュエラー、リディア・クーテル(Lydia Courteille)の“Caravan” コレクションは、『アラビアンナイト(千夜一夜物語)』でシルクロードを旅するキャラバンを思い出させる。“Sumerian Lion Ring” (シュメール・ライオン リング)は紀元前3000年頃の円筒印章の周囲をサファイア、タンザナイト、ツァボライト、ダイヤモンドで覆い尽くしている。

 class=
Lydia Courteille
 class=
Chopard

ショパール(Chopard)はカンヌ国際映画祭のオフィシャルパートナーで、開催に合わせてハイジュエリー「レッド・カーペット・コレクション」を発表する。ディレクターのキャロライン・ショイフレは、生粋の映画ファンだ。ホッキョクグマを象ったこのリングは、体はダイヤモンド、目にはサファイアがセットされている。地金のゴールドも宝石もResponsible Jewellery Council(責任ある宝飾品協会)の認証を得たものである。

The original texts by Kina Andersson

Usually, Paris is set in an extraordinary sparkle in July when high jewellery brands launch their new collections. This summer, they were presented digitally. And some of the collections weren’t complete since they weren’t ready before the world was put in quarantine. Some of the brands, like Chanel, postponed their launch to next year. 
But still: What a bonanza…
Here are my top 10 favourite pieces. 

Boucheron – Transcendental Technology 
Boucheron has a special place in my heart, partly because they love rock crystals, partly because they create magic with their technology. In their new high jewellery collection  ”Contemplation,” creative director Claire Choisne is also advancing the boundaries for using unusual materials. She uses aerogel,  considered the lightest material on earth, made of 99.8% air and 0.2% silica (an oxide of silicon). It is the centerpiece of a necklace called ”Goutte de Ciel” (Drop of Sky).

Cartier – Surreal Nature 
In “Sur] Naturel ” collection Cartier celebrates nature in an abstract way. Cartier´s DNA  is of course recognizable, but more subtle than usual when mixing the figurative with the abstract. Like in the necklace ”Hemis,” where the panther, Cartier´s signum, is not that obvious to your eye, but you can certainly sense the spots consisting of irregularly shaped black opals. In the middle, you find a cushion-shaped kunzite with an intense pink colour with a hint of purple.  

Bulgari – Bewitching Baroque
Bulgari is known for its splendor of colour, and cabochon cuts, giving the stones a soft, welcoming expression. In the ”Barocco” collection, you find all this in abundance. As the name suggests, Creative director Lucia Silvestri has taken inspiration from the Baroque period, mainly from architecture in Rome of course. In ”Lady Rubellite Necklace”, pearls (a staple of Baroque jewelry) are combined with the brightness of amethysts and rubellites – culminating in a pendant featuring a magnificent Jaipur rubellite of 60.79 carats. 

Messika – Mistress of Minimalism 
French jewellery brand Messika is all about diamonds – founder Valerie Messika is the daughter of a well-known diamond dealer. Her minimalistic design has attracted fashionistas all over the world. She manages to create jewellery that is both voluminous and light, like this ring from the new collection ”Voltige”: An 7.7 ct emerald-cut diamond and 7.6ct pear-shaped diamond seem to float just above your skin.  

Piaget – Airy Elegance 
Piaget´s high jewellery collections often make me think of 70´s glamour (elegant cocktails served at pool parties at sunset…) . ”Wings of Light” is no exception. A necklace to look forward to is this one with feathers and a large paraiba tourmaline (but from Mozambique). For a few years now, Piaget has collaborated with a feather artist Nelly Saunier, known for adorning haute couture dresses. The feathers can also be removed and uses as ear cuffs. 

Chaumet – Passion for architecture 
Ever since Chaumet was founded in 1780, architecture has been a source of inspiration.  This truly shows  in ”Perspectives Collection, in both jewellery and tiaras – there is no jewellery house like Chaumet when it comes to tiaras. A spectacular ring is ”Skyline” ring with an Asscher-cut diamond of 7.34ct, D Flawless, type IIa (read: Perfect), reminding of Brutalist architecture. And the tiara… With its characteristic ”fil Cocteau”- technique, Chaumet creates an almost invisible setting, making the diamond seem floating. 

Dior – Modern Romance 
In the ”Dior & Moi” collection, creative director Victoire de Castellane takes on the classic Toi & Moi theme. She creates a new, modern expression with quite unusual colour combinations. 

Lydia Courteille – Queen of Fairy tales 
Fairy tales and myths, exotic places, animals and insects – all come together in french jewellery designer Lydia Courteille´s  sculpture-like jewellery. In the ”Caravan” collection she creates jewellery making you think of Arabian nights as well as those caravans traveling along Silk Road. ”Sumerian Lion Ring” is built around a cylinder seal from 3000 BCE, wrapped in sapphires, tanzanites, tsavorites, and diamonds. 

Chopard – Jewellery for Red Carpet  
Every year Chopard launches its Red Carpet collection; Chopard has sponsored Cannes Film Festival for many years. Caroline Scheufele, co-owner and creative director, has a genuine passion for film. This year nature is in focus. The jewellery like these diamonds and sapphires encrusted polar bears, are made from fair mined gold with precious stones certified by the Responsible Jewelry Council. 

Van Cleef & Arpels postponed its high jewelry collection until next year; instead they revived some of its most exceptional creations during the years. The famous ”Merveille D´emeraudes” necklace, acquired in 1947 by Princess Faiza from Egypt. The necklace consists of five pear-shaped emeralds from Colombia and has a total weight of 70.40 ct. Van Cleef & Arpels, by the way, has a long love story with emeralds. There is a Van Cleef & Arpels’ exhibition running at the National Museum of Natural History: “Pierres Precieuses”  It runs until June 2021.


関連記事一覧

error: Content is protected !!