BJI ブログ

ジュエリーと、ジュエリーにまつわるさまざまなエピソード

No.8 性的マイノリティを意識したユニセックスジュエリー時代の到来

BJI ブログ No.8

生まれながらの性にとらわれない生き方への理解や認識が高まり、同性間の結婚や、結婚と同様の権利を認める動きが活発化している昨今、ジュエリーにもその流れがやってきています。ユニセックスジュエリーは以前からありましたが、今までとは一味違うアプローチが注目を浴びています。

その中から3つ、ご紹介しましょう。

まずは、昨年ミキモトとコムデギャルソンがタッグを組んで発表したのが、男性が身に着けるパールネックレス。パールの持つ「上品」「清楚」といったフェミニンなイメージから一転、センターに「COMME des GARÇONS」というシルバープレートをセッティングしたモードなスタイルは、男性がしても素敵です。

2つめはパリの5大老舗宝飾店(グランサンク)のひとつ、メレリオのジュエリー。創業して400年以上もの歴史を持ち、ヨーロッパ王室からも愛されるこのジュエラー、2015年からファッションデザイナーのアレクサンドル ボーティエとコラボ。18世紀から保管されている同ブランドの豊富な資料の中から1960年代のグラフィックコレクションを復活させた幾何学モチーフの「コレクション アレクサンドル ボーティエ プール メレリオ(メレリオのためのアレクサンドル・ボーティエ コレクション)」は、女性はもとより、男性からも熱い視線がそそがれています。

最後に登場するのは、ルイ ヴィトン。昨夏発表された「LVヴォルト」コレクションは、同メゾン初のユニセックスジュエリー。アイコンであるLとVをグラフィカルなフォルムへと昇華。国境、人種、性別、スタイルもさまざまな4人のイメージキャラクターが織りなす世界観に加え、精緻ですっきりとしたライン、柔らかくしなやかなフォルムに魅了されます。(C)

MIKIMOTO×COMME des GARÇONS(ミキモト)

LV ヴォルト(ルイ・ヴィトン)
Collection Alexandre Vauthier pour MELLERIO(メレリオ)

関連記事一覧

error: Content is protected !!