BJI ブログ

ジュエリーと、ジュエリーにまつわるさまざまなエピソード

No.112 ディオール パリ、150カラットのイエローダイヤモンドをカットして、こだわりの番号「88.88」カラットに!

BJI ブログ No.112

創業デザイナーのクリスチャン・ディオールがパリ、モンテーニュ通り30番地に最初の店舗であるパリ本店を開いたのが1946年。かつては伯爵の邸宅だったそのメゾンで、75年にわたり数々のすばらしいコレクションを発表してきました。その歴史あるパリ本店が2年以上にわたる改修工事を経て、2022年3月6日「30 モンテーニュ」としてリニューアルオープンしました!

「ディオール」の世界最大となるブティックのほか、ブランドの歴史が展示されたギャラリー、オートクチュールやハイジュエリーのアトリエ、そしてレストラン、カフェ、庭園、なんと宿泊施設まで備わっているという壮大なもの。店内には、イギリスのデザイナー、ポール・コックセッジ(Paul Cocksedge)によるインスタレーションや、ドイツのアーティストであるイザ・ゲンツケン(Isa Genzken)による高さ8mのバラの彫刻といったアート作品がディオールの商品とともにさりげなく展示され、さながら美術館のような雰囲気を醸し出しています。

顧客が自分の作品をデザインできる新しいハイジュエリーエリアには、ゴージャスなイエローダイヤモンドが展示されています。ダイヤモンドは南アフリカのキンバリー鉱山で2020年に発見されたもので、歴史的な意味を持つ本店の住所に敬意を表して「ル モンテーニュ(Le Montaigne)」と名付けられました。

ところで、クリスチャン・ディオールにとっては特別な数字。メゾンを創設した日は1946年10月日、モンテーニュの本店はパリの区にある、1947年に発表した彼の最初のコレクション名がフランス語でを意味する“HUIT(ユィット)”であるなど、彼の「」へ並々ならぬこだわりが感じられます。

「ル モンテーニュ」は原石の時点では150カラットあったのですが、宝石カッターたちが研究、モデリング、カッティングが9カ月もの歳月をかけ、きっちり「88.88カラット」のクッションカットに仕上げました。

『フィナンシャル・タイムズ』によると、ディオール ファイン ジュエリー部門のアーティスティック ディレクター、ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌ(Victoire de Castellane)によって特別にデザインされたカスタムメイドのフローラルリングのセンターストーンとして取り付けられるそう。

ゴージャスでカラフルなこのリング、果たして誰の手元で輝くことになるのでしょうか。気になるお値段は、推定5000万ドル!

リングを手に入れることはむずかしそうですが、パリを旅することができるようになったら、ディオールの歴史やオートクチュールの世界を体験しに「30モンテーニュ」にもぜひ足を運びたいものです。

TOP画像:L’officiel Singapore

ロシアはダイヤモンドの主要産地ですが、入手できなくなるため、ダイヤモンド が高騰し始めています。BJIでは値上げを据え置きご紹介しています。このペンダントのダイヤはセンターが0.53ct、鑑別書付きです。オンラインショップはこちら。¥198,000

メンバーの方には一足先にお得情報をお知らせします。会員登録はこちから
https://brandjewelry.shop/usces-member/?usces_page=newmember


関連記事一覧

Translate »
error: Content is protected !!