BJI ブログ

ジュエリーと、ジュエリーにまつわるさまざまなエピソード

No.47 イメージはビジュー。オウチタイム、ギフトにオススメのスイーツ。

BJI ブログ No.47

ワクチン接種が徐々に進んでいるとはいえ、まだまだ落ち着かない日々。お家で過ごすことが多い中、味はもちろん、見た目も美しいスイーツは気分が上がるもの。ジュエリー好きにおすすめしたい、そしてお友達に贈ったらきっと話題になるスイーツをご紹介します。

まず一つ目は、福岡にあるハラペコラボ から「こうぶつヲカシ」。和菓子である琥珀糖をひとつひとつ職人の手で切り出し鉱石のような形にして、正方形の箱にセッティング。宝石のルースがケースの中に入っているようなたたずまいに、思わず笑みがこぼれます。

ラズベリー、レモン、ミント、ラ フランス、ピーチココナッツ、シャンパーニュ、ぶどう、ブルーベリー、カラメル、抹茶、黒胡麻など数十種類のフレーバーがあり、季節に合わせて変えているそうだから、季節ごとにほしくなってしまいそう。

次にご紹介するのは、札幌、バターサンドで有名な六花亭の「六花のつゆミニ缶」。上品な砂糖の膜の中に、それぞれワイン、ブランデー、うめ酒、ペパーミント、コアントロー、ハスカップのリキュールが入ったドーム型のボンボン。1粒はとても小さく直径1cm足らずですが、口に入れると砂糖がさらりと溶けて、舌の上にお酒の香りと味がじわ~っと広がります。薄い砂糖の膜はちょっとの衝撃でも壊れてしまうため、1粒1粒が専用の仕切りの中に収められていて、その上にさらにクッションが敷いてあります。丁寧に大事に作られた「お菓子の宝石」、一粒口に入れたら、日々の疲れもやわらぎそう。ブランデーやコアントローは紅茶との相性もいいので、紅茶に4~5粒入れるといつもとは違う紅茶を楽しめます。

最後にご紹介するのは、福井、郷土菓子処香月のビジュー缶のクッキー。スイーツ自体は宝石をイメージしたものではありませんが、蓋の部分にビジューや花、カメオが立体的に描かれ、下の箱の側面にはルビーのネックレスのデザインが入っているクッキー缶のかわいらしさにまず目が釘付けになってしまいました。

缶は赤、青、白の3種類、蓋のデザインがそれぞれ違い、入っているクッキーの種類も違うから、3種類全部買って食べ終わったら大切なものを入れる箱として使えそう。プレゼントとして買ったつもりが、自分のものになっちゃう人もいるかも…ですね。

*このビジュー缶は、「お菓子のミカタ」というお菓子箱製造業者さんのもので、希望するお菓子メーカーさんに販売しています。そのため同じ缶を使いながら、別のお菓子メーカーさんが別のお菓子を入れて売っていることもあるんです。この缶は人気者で、いろんなお菓子屋さんが使用しています。興味のある方は、一度調べてみたら楽しいかも。(C)

メンバーの方には一足先にお得情報をお知らせします。会員登録はこちから:
https://brandjewelry.shop/usces-member/?usces_page=newmember

*「こうぶつヲカシ」「六花のつゆミニ缶」「郷土菓子処香月 ビジュー缶」「お菓子のミカタ」で検索。


関連記事一覧

Translate »
error: Content is protected !!